コロナ回復法、体の不調、なんでも相談。

お問い合わせ

風邪の対応です。コロナの症状と比較ください。

自宅療養は回復への好機と考えます。

  • 入院となれば環境が決まる。
  • 一部屋確保できれば回復への環境が作れる。
    • 前途のように部屋の温度・湿度を上げ水分補給をすれば発汗し回復します。
    • 【参考】 風邪を知らないまま機械で過度の除雪で足を痛めてしまいました。両足・拇指関節が赤く腫れあがり昼夜痛み、足を振ったり歩くことも困難で寝たまま松葉杖で屋内移動し水分以外は殆ど摂りませんでした。関節リュウマチ、痛風となるのでしょう。
       折り悪く低温注意報が続き、いつもは2~3日で回復しますか変わりません。部屋を変え室温を23℃以上にし加湿しながら寝て食事は一日一回、食べたくない時は食べず、水分は緑茶以外のお茶やお湯に天然塩、水を1.5L以上、何度も発汗し4日目ぐらいから徐々に痛みと腫れが減少し更に6日後の今日、松葉杖なく、やや気にかけずに室内を立って歩いています。仕事を休まないとできません、入院と考えましょう。加齢もありますが【ウィルス】が強くなっていると実感しました。
       感染の防止は当初より困難なものですが回復法が啓蒙されてません。
      【ワクチン】は自己免疫により抗体を作るため、
      【重傷者治療】は回復できないまま体の状態が悪化し心肺・他の臓器の機能を向上させ生命維持を図ろうとするものと考えます。
      TV報道で自殺した方がおられ心を痛めております。
       ただ過ごすのでなく自宅療養で回復にむけやってみましょう。
      風邪は万病の元」普通、時間をかけ罹患しますので初期症状時に自宅療養で回復すれば、罹患前より身体がよくなります。 R03/01/23

印刷配布してどうぞ。

○風邪か、どうかの目安としては

 アルコールが強くなる。
(いつもビール1本が、2本でないと酔わない)

 食べ物の味が感じにくい。
(砂を噛んでいるように味気ない)

 食べると吐いたり、下痢したりする。お腹や胸が苦しくなる。
(ホッカイロを背中とお腹に4個ぐらい貼り、熱いくらいに温める)

 ザワザワや寒い、頭の後ろ、首の付け根が重い。
この初期に回復を試みると早い。昔は瓦を焼いて新聞紙にくるみ背負わせたという。私はコーケントーのカーボン灯を使います。
http://koukento.co.jp/

 筋肉のコリが回復せず又、急に関節が痛くなったりする。

 長引くと持病が亢進する。

◎肝をいたわることから(風邪=風の邪)

 薬・アルコールをひかえて、

 風に当たらない。

 風呂に、その日は入らない。次の日は入る。
(やむを得ず入浴の際は布団を暖めておき湯の温度を上げながら入り、温まったらすぐ寝ます。)

 食べたくない時は、無理して食べない。以下のお湯を少しずつ飲む。

◎発汗しなければ良くなりません

「ネギ・味噌・ショウガ」をきざんで熱湯を注ぎ、熱いうちに飲むと良い。
どんぶり1~2杯ぐらいで体が温まってきます。後はすぐ布団に入って汗をとりましょう。
喉が渇いたら白湯を飲みましょう。
(漢方茶・柿葉茶に天然塩をひとつまみ入れるとなお良い。)

○熱

汗をかくためには体が熱を持ちますが、あまり苦しい時は

 熱の出始め→体が寒い→熱を外から取る。
体温が何度でも部屋を暖め布団・毛布を増やし、マスクもいい、更に「ネギ・味噌・ショウガ」・湯たんぽなど。

 汗が出て熱が高すぎて、あまりに苦しい時→熱を早く出す。
額に水に入れ絞ったタオル、水たんぽ・足の裏や脇の下に冷湿布がいい

いかがですか? 最初の症状はコロナの症状と同一ではありませんか?
 殆ど、これで回復しますが一般的なものですので
「経過が思わしくない時はきちんと検査をしましょう。」

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional