コロナ回復法、体の不調、なんでも相談。

 

【インフルエンザの定義】 ある区域のすべての医療機関において1日あたりの新規患者数1.0を超えると流行期、新規患者数10.0~29.9で流行注意報 新規患者数30.0以上で流行警報。いったん警報となった後は、1医療機関あたりの新規患者数が10.0未満となるまで警報が継続します。 症状は 上気道炎症状・気道感染症状、呼吸器疾患などを呈する。 流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)略して流感(りゅうかん)とも呼ばれる。 日本語ではインフル、英語ではfluと略されることも多い。インフルエンザウイルスは急性感染症。A型、B型、C型、D型の4種類に分けられます。
 アメリカ国立アレルギー・感染症研究所のディレクターを務めるアンソニー・ファウシ博士は風邪の症状が「上気道に限定される」のに対し、インフルエンザは「体のシステム全体に影響を及ぼす病気」であると説明する。
《インフルエンザ》
症状:高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、咳(せき)、のどの痛み、鼻水etc…
発症:急激
症状の部位:全身症状(強い倦怠感 etc...)
《風邪》
症状:のどの痛み、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、咳(せき)、発熱
発症:比較的ゆっくり
症状の部位:鼻、のどなどの局所的
 では、《インフルエンザ》と一般的な《風邪》とを見分ける詳細なポイントを以下に挙げてみましょう。
▶症状の進行が速い
…ただの風邪であれば、1~2日の喉(のど)の痛みの後、痰(たん)が絡んだり咳が出始めたりする傾向にあります。しかしインフルエンザの場合には、もうその日のうちに症状が進行してしまいます。
 「何年か前にインフルエンザにかかったことがあります。その日は診療に当たっていたのですが、具合が悪くなって1時間後には帰宅しなければならないほど体調が悪化してしまい、そのままベッドに直行して倒れ込んでしまいました」と、ファウシ博士。
▶発熱と寒気、体の痛み
…これらはインフルエンザの典型的な症状であり、風邪の症状と区別することができます。
 しかし、インフルエンザにかかれば、必ず発熱するというわけでもありません。「私たちの体は、バクテリアやウイルスを追い出そうと熱を発するのです」と説明するのは、感染症の専門家であるテレサ・マダリーン博士です。
▶疲労感
…それがただの風邪であれば、日常生活に支障をきたさないばかりか、筋トレを行うことですら可能です」と言うファウシ博士。これがインフルエンザともなれば、疲労感に襲われ、とてもジムなどへ足が向くこともないでしょう。

風邪とインフルエンザを症状で分けてますが経験からは、強さ(進行スピード)と回復せず長引けば症状は同じです。単独風邪のウィルスの有無と型、コロナの回復者の回復環境を調査すれば面白いと考えます。

【ワクチン】ワクチンは、病原体などから病原性をできる限りなくしたり、病原体を死滅させたり(不活化)あるいは
毒素を無毒化して作られます。ワクチンを事前に体内に接種することによって免疫状態を作り、病原体などから体を守ります。 → 免疫状態を作り免疫機構が働くことから「感染している人、弱りの強い人」は接種時期をずらすという訳です。http://www.pref.kyoto.jp/hokanken/documents/oyakudati_wakutin.pdf 2回目以降の接種は反応終了後、3週間以上の間を置くことがいいと思います。(治療後の心体の回復が2週間内ということからの持論。)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional